MAMORIO開発報

もっと愛せるMAMORIOへ。ユーザーとの時間を大切にする想いから生まれた「FUDAプリントワークショップ」

更新日:

MAMORIO初の試みとなるMAMORIO FUDAへのオリジナル印字のワークショップあえてMAMORIOに関心のあるユーザーに限定した体験型イベントを企画したのは、いくつかの理由がありました。ユーザーコミュニケーションチームの茂谷詩織が本イベントに込めた想い当日の様子をレポートします。 

自分だけのMAMORIO FUDAを作るワークショップ 

20187月29日、福岡にてMAMORIO FUDAオリジナルプリントすることができるワークショップを開催しました。本イベントの対象は、MAMORIOを既に持っているユーザーと、ワークショップ時にMAMORIOの購入を予定している人。MAMORIOにより愛着を持ってもらうために」という想いから、ユーザーコミュニケーションチームで本イベントを企画しました 

MAMORIOメンバーが事前に準備したデザインテンプレートもありましたが、参加者みずからがデザインしたオリジナルの素材が多く完成したFUDAは個性豊かなものプリントにそこまで時間がかからないこともあり、気軽にオリジナルデザインの作品が作れることに喜ぶ声もあがりました。 

自分の所属するコミュニティをイメージして作ったデザインや、FUDAをつけたいアイテムにそろえたデザインなど、一人ひとりのニーズに合ったFUDAが誕生 

参加人数が少ないからこそ、話し合いながらデザインと印字を進めた時間はかけがえのないものになりました。MAMORIOを使うだけでは味わえない“わくわく”を提供したワークショップだったと言えるでしょう。参加者の率直な感想や表情からその成功を感じることができ、とても嬉しく感じました。 

愛着を持てるMAMORIOって?その疑問の答えはイベントにあった 

課題のひとつとして考えていた「MAMORIOに愛着を持ってもらう」ことの手法として、オリジナルプリントというアイディアが生まれましたMAMORIO使うだけではない付加価値をつけるという考え以前からありましたがそのための設備や需要観点から課題が多く、なかなか形にできずにいたのです 

今回「GOODAY FAB DAIMYOUVプリンタを利用させていただけたことで、ユーザー参加型のワークショップが実現しましたGOODAY FAB DAIMYOは電子工作や手芸など幅広いものづくりに対応するレンタルアトリエで、ものづくりをもっと身近に感じてもらうことの一貫としてワークショップの開催なども受け入れています。 

ワークショップの素材となったMAMORIO FUDA先月リリースされたばかり。プリントに適した素材やサイズであることもふまえて買ったばかりの商品を愛着のあるものにしてもらおうと選びました。 

自分だけのデザインになったMAMORIO FUDA。それだけでも愛着を持てる存在と言えるかもしれませんが、MAMORIOのメンバーが直接ユーザーとともに作り上げられるワークショップにすることも、今回のポイントです。 

一般的なユーザーサポートの在り方は、何か問題があった時にケアしたり、お客様の発言に対して改善策を考えたりすることが主な仕事でしょうしかし、今回のワークショップ私たちからユーザーの皆様に対してできることを考えて企画を練りました。 

ネガティブな状況から生まれる課題に対応するのではなく、ポジティブなアイディアを生んでお客様に価値を創出する。そういったユーザーコミュニケーションの積み重ねも、MAMORIOへ愛着を感じてもらう一つの要因だと捉えています 

共に時間を過ごしたからこそ、意外なニーズを聞けた 

ワークショップ当日は、嬉しい“予想外”が満ちていました。例えば、ワークショップを企画した当初、印字するテンプレートとして準備したのはFUDAの一部にプリントするアイコンでした。一方、参加者のほとんどが希望したのは全面プリント。FUDAであることが一見してわからないデザインばかりでした。 

オリジナルプリントしたFUDAは「大切な人へのプレゼント」や「会社のPR」など、使う人によってさまざまなニーズがあることもわかりました。そして、「使うだけでなく自慢したくなる」という感想が多く、話題性を生み出す効果があることも嬉しい驚きです。 

「あまりに良い出来栄えだったので」と複数購入する人や、ついその場で自分用のデザインを作りたくなってしまったMAMORIOメンバーもおり、終了予定時間をオーバーする事態に。少人数で密度の濃い時間を過ごせたことが、今後の展望にもつながりました 

ワークショップを通じて提案したい、あなただけのMAMORIOづくり 

今回のワークショップではFUDAへのプリントを試みましたが、その他にもさまざまなアイディアが出ています。 

例えば、MAMORIO用のレザーカバーやアクリル板カバーにオリジナルプリントを施すこともアイディアのひとつ。MAMORIOやFUDAそのものに印字すると、OTAKIAGEで交換してしまうのが残念という参加者のご意見を活かし、本体でなく、カバーをオリジナルデザインにするスタイルも提案できればと考えています。 

また、MAMORIOユーザーと会う機会として定期的にワークショップやイベントを開催し、時間を共に過ごすことを大切にしたいです。今回も同時開催でMAMORIOの事業戦略についてセミナー行いました。ミッションや将来像をユーザーと共有したいという想いからつくった時間です。 

次回のワークショップ2018秋頃、福岡での開催を予定しています。MAMORIOユーザーと直接お会いし、もっと愛せるMAMORIOを作れる時間共に過ごせることを楽しみにしています。 

MAMORIOの購入はこちらから!

PICK UP

1

「失くしモノが多くなってきた祖父母や両親に、紛失物防止タグ『MAMORIO』がぴったりなのでは?」そうひらめいたものの、「MAMORIOって何?」というシニア世代の疑問にうまく答える自信がない人も多い ...

2

ロックバンド「ドラマチックアラスカ」のボーカル、ヒジカタナオトさん。同バンドの作詞作曲を全て手がけ、イベントのプロデュースなど精力的に活動する彼の意外な一面が「忘れっぽいこと」。 紛失防止タグ「MAM ...

3

貼るMAMORIOとして発売されたFUDA。どんな人でも貼りやすいシンプルさが人気のFUDAなんですが、じつはオリジナルのデザインをプリントできるって知ってました?  そこで今回はMAMORIO FU ...

4

POS/決済端末の研究団体の代表を務める小林佑治さん。これまでの人生で警察に提出した遺失物届けは10枚をくだらないという猛者です。 いつものように、ちょっとした油断から、団体活動に絶対必要な決済用のカ ...

-MAMORIO開発報

Copyright© MAMORIOラボ , 2019 All Rights Reserved.