「ユーザー活用事例」 一覧

PICK UP

1

落とし物や忘れ物をしたら、まずやるべき「遺失届」の提出。その書き方しだいで、落とし物が見つかりやすくなるらしいんです。今回は、警察官や“落とし物の達人”に、遺失届の記入にあたって注意すべきポイントを聞 ...

2

酔って忘れ物をしてしまったこと、ありませんか? ラボ研究員へのアンケート調査では、お酒が入ると“忘れ物をしやすくなる”と感じている人が多くいました。 なぜ、アルコールが入ると忘れ物をしてしまうのか。ラ ...

3

ロックバンド「ドラマチックアラスカ」のボーカル、ヒジカタナオトさん。同バンドの作詞作曲を全て手がけ、イベントのプロデュースなど精力的に活動する彼の意外な一面が「忘れっぽいこと」。 紛失防止タグ「MAM ...

4

POS/決済端末の研究団体の代表を務める小林佑治さん。これまでの人生で警察に提出した遺失物届けは10枚をくだらないという猛者です。 いつものように、ちょっとした油断から、団体活動に絶対必要な決済用のカ ...

「車の屋根にスマホ載せ発進」「把握できるものだけ持て」【対談】忘れっぽい人と忘れない人、何が違う?

「忘れっぽい」という悩みは人生に深くつきまとうものです。忘れ物をしない人からは「どうしてそんなに忘れるの?!」と驚かれてしまいますが、その理由なんて自分が一番知りたいですよね。 ということで、今回は“ ...

忘れる前に気づけることが嬉しい。発達障害の私が“紛失防止タグ”で手に入れた心の余裕

発達障害を持ちながらプログラマーとして働く安田さん。目に入るものが正確に認識できない、記憶やとっさの判断が苦手という症状を抱えており、紛失防止タグ「MAMORIO」に出会うまでは通勤中に忘れ物をとりに ...

妻にプレゼントした紛失防止タグ「MAMORIO」。夫婦2人の、安心で快適な暮らしが現実に

奥さまの忘れ物が多いことが悩みだった舘花さん。奥さまがどこかに忘れてきた物を探すために、これまで多くの時間を費やしてきました。失くしものを減らす最終手段として選んだ紛失防止タグ「MAMORIO」は、2 ...

“ぬい撮り”のパートナーをMAMORIOで守ろう 小さなぬいぐるみにジャストな紛失予防策!

ぬいぐるみと共に、さまざまな場所で撮影をする「ぬい撮り」が趣味の「あき」さん。大切なパートナーだったぬいぐるみを失くした経験をきっかけに、MAMORIOを使い始めました。ぬい撮りの魅力や、ぬいぐるみと ...

落とした場所の目ぼしがつくから、諦めずに済んだ。8kmのジョギング中に落とした財布をMAMORIOで発見

都内の会社でデジタルマーケティングに携わる小野寺さん。落とし物はお酒を飲んだときにSuicaを失くしたことがある程度で、「落とし物に注意しなければ」といった意識はありませんでした。 そんな小野寺さんは ...

ユーザー増でもっと便利に デジタルメディアコンサルタントと考えるMAMORIOが実現する未来

デジタルメディアコンサルタントとして、数多くのIoT製品に触れてきた江口靖二さん。MAMORIOを使って財布を見つけた経験から、MAMORIOに大きな将来性を感じたといいます。 専門家の目線から、MA ...

6個の紛失防止タグで持ち物を完全管理 ヘビーユーザーに聞く「MAORIO」活用術

エンジニアとして働く水野さん。もともと忘れ物が多く、社員証や財布、MacBook Airなどありとあらゆるものを失くしてきました。 そこで、持ち歩くモノにはなるべく紛失防止タグ「MAMORIO」をつけ ...

忘れ物予防のマイルールが不慣れな旅先で機能せず 「出番はない」はずのMAMORIOに救われた日

今回お話を聞いたMAMORIOユーザーは「忘れ物しないようにモノの置き場所のルールを決め、それを守っている」というキタニさん。そのおかげか、これまで忘れ物をした経験はほとんどなし。 ところが旅行先での ...

65歳母にプレゼントしてわかった、シニアが紛失防止タグMAMORIOを活用するコツ  

「失くしモノが多くなってきた祖父母や両親に、紛失物防止タグ『MAMORIO』がぴったりなのでは?」そうひらめいたものの、「MAMORIOって何?」というシニア世代の疑問にうまく答える自信がない人も多い ...

ドラマチックアラスカ・ヒジカタナオトInterview「次は僕が見つけてあげる番」

ロックバンド「ドラマチックアラスカ」のボーカル、ヒジカタナオトさん。同バンドの作詞作曲を全て手がけ、イベントのプロデュースなど精力的に活動する彼の意外な一面が「忘れっぽいこと」。 紛失防止タグ「MAM ...

Copyright© MAMORIOラボ , 2019 All Rights Reserved.