よく物を落とす人

落し物お役立ち情報

「よく物を落とす」人必見!心理的特徴と、原因と対策をご紹介

更新日:

物を落とすことが多いと、落とす度に物を探し回ったり、同じ物を購入しなければならなかったり、苦労が多いですよね。

 

この記事では、よく物を落とす人の心理にはどのような特徴があるのか、原因は何なのか詳しく見ていきます。

落とし物を防ぐ対策もご紹介するので「落とし物が多くて困っている」という人は参考にしてみてください。

 

よく物を落とす人の心理的特徴と原因

 

まずはよく物を落とす人の心理にはどのような特徴があるのか、原因は何なのか、詳しく見ていきましょう。

 

物への執着心がない

 

「物に執着していない」「物をあまり意識していない」という人は、物を落としやすいのです。

 

反対に物に対して「大切にしよう」「絶対に落とさないようにしよう」と思っている場合は、物を慎重に扱うので物を落としにくくなります。

大切な人からもらった物など特別に大事な物は、落とさないよう気を付けて持つと思います。

 

しかし特別に大事なわけではない物に対しては、そこまで慎重に扱わないですよね。

自分で買った物や、また買えばいいような物は、あまり注意しないので落としやすくなるのです。

 

よく慌てる

 

慌てることが多い人は、物を落としやすくなります。

急いで行動することが多い人は、遅刻が多いなど時間を守ることが苦手な傾向があります。

遅刻しそうになって急いでいるような時に、物を落としやすくなります。

 

中には時間に余裕がある時であっても慌ててしまう人もいます。

十分間に合う時間なのについ慌てて行動してしまうような人は、物を落としやすいのです。

 

夢中になりやすい

 

何かに「夢中になることが多い」「熱中しやすい」という人は物をよく物を落しやすいです。

 

例えば電車でスマホに夢中になっていて、電車に傘を置き忘れるといったことがあります。

何かに夢中になると、その分物に注意を払う余裕がなくなるので、落とし物をしてしまいます。

何かに夢中になることが多ければ多いほど、落とし物をする頻度は多くなります。

 

整理整頓するのが苦手

 

整理整頓するのが苦手な人もはよく物を落としやすい傾向があります。

 

どこに何が入っているのか把握できていないことが、落とし物につながります。

例えば鍵がポーチに入っていたとして、そのことを把握していないと鍵が入っているポーチを雑に扱ってしまい鍵が落ちてしまう、といったことが起こります。

 

落としたことにもなかなか気付けないので、見つかりにくくなってしまいます。

 

心に余裕がない

 

心に余裕がないと、よく物を落としやすくなることがあります。

心に余裕がない状態だと、他のことを考える余裕がないので、物に対しても注意を払えなくなるからです。

 

「悩み事がある」「元気がない」というように心に余裕がないよう時には、物を落とすなどミスをしやすくなるのです。

整理整頓

落とし物をしないようにする対策

 

よく物を落とす人が、落とし物をしないようにするための対策をご紹介します。

上記でご紹介した原因ごとの対策をそれぞれご紹介するので、参考にしてみてください。

 

物への執着心がない人の対策

 

「物を大切にしよう」「物を落とさないようにしよう」と意識して過ごしましょう。

物を落としたらどうなるのか想像すると「後で困ることになるから落とさないようにしよう」と思えるので、物を大切に扱えるようになります。

 

よく慌てる人の対策

 

慌てずに落ち着いて過ごすように心がけましょう。

 

時間を守ることが苦手なせいで慌てて行動することが多い人は、「どうすればもっと落ち着いて過ごせるのかな」と考えてみましょう。

そして「朝は1時間余裕をもって起きる」など具体的な対策を立てるのがおすすめです。

 

時間に余裕があるのに慌ててしまう人は、日頃から慌てずに行動するように心がけましょう。

「今慌ててるな」と感じたら、深呼吸をして心を落ち着かせるようにするのがおすすめです。

 

夢中になりやすい人の対策

 

「夢中になることが多い」「熱中しやすい」という人は、前もって物を落とさないような工夫をしておきましょう。

 

物を落とさない工夫には「大事なものはカバンの中のチャック付きのポケットにしまう」「カバンはチャックが閉まるものを使い、常にチャックを閉めておく」などが効果的です。

 

夢中になっても、物を落とさないように前もって対策しておきましょう。

 

整理整頓するのが苦手な人の対策

 

カバンの中を整理整頓して、何がどこに入っているのか把握できる状態にしておきましょう。

 

定期的にカバンの中を整理する時間を作ると、カバンの中をすっきり整理でき、何がどこに入っているのか確認することもできるので効果的です。

 

心に余裕がない人の対策

 

「ちょっと疲れてるな」と感じる時には、なるべく自分に負担をかけないように行動しましょう。

 

時間に余裕をもってゆっくり行動するなど、無理のない行動をすると、心に余裕が生まれるので、物を落としにくくなります。

 

心にゆとりを持って行動することで、落とし物も、自分の精神的負担も減らすことができます。

 

落とし物防止|紛失防止タグMAMORIO

MAMORIO

手元から離れると、いつどこで失くしたかをお知らせ。スマートフォンで、大切なものを見守れます。

お財布、鍵、バッグなど、大切なものに付けておくと、置き忘れたり、見失ってしまった時も安心です。

落とし物を防止できるアイテム「MAMORIO」

 

落とし物を防止できる紛失防止タグ「MAMORIO」についてご紹介します。

MAMORIOタグを落としたくない物に取り付けることで、落とし物を防止できます。

 

物を落とすと知らせてくれる「紛失防止タグアラート」

 

MAMORIOタグをつけた物を落として手元から離れると、通知で知らせてくれます。

スマホでMAMORIOアプリを開くと、最後に手元にあった場所と時間が表示されているので、いつどこで落としたのか確認できます。

そのため落としたものをすぐに発見できるのです。

 

みんなに探してもらえる「みんなでさがす機能」

 

MAMORIOには「みんなでさがす機能」というものがあり、これはMAMORIOを利用しているユーザー同士で協力して落とし物を探せるという機能です。

自分のMAMORIOタグと他のユーザーがすれ違った時に、その場所が持ち主に通知されるので落とした物の現在地がわかります。

 

建物が発見してくれる「MAMORIO Spot」

 

駅やショッピングモールにMAMORIOのアンテナが設置されていて、MAMORIOタグを検知した時にどこにあるのか知らせてくれます。

 

MAMORIO Spotのある場所の例は以下の通りです。

東京メトロ、相模鉄道、小田急電鉄、京王電鉄、京成電鉄、西武鉄道、東武鉄道、江ノ電、南海電鉄、横浜市営地下鉄、京都丹後鉄道、横浜高島屋、テレビ朝日など

 

小さくて軽い

 

MAMORIOは世界最小クラスの紛失防止タグで、小さくて軽いので邪魔にならずに取り付けられます。

 

通常タイプのMAMORIOは、縦35.5mm×横19mm×厚さ3.5mm で、重さは3gです。

シールタイプのMAMORIOは、縦24mm ×横36.2mm ×厚さ3.4mmで、重さは3.4gです。

 

財布に入るサイズで、100円玉2つ分くらいの大きさなので負担にならずに使えます。

 

MAMORIO|2,480円(税抜)

通常タイプのMAMORIOです。

カラーバリエーションが豊富なので、自分の好みに合わせて選べます。

 

サイズ:縦35.5mm×横19mm×厚さ3.5mm

重さ: 3g

カラー:ブラック・ネイビー・ベージュ・ピンク

電池寿命:約1年

有効距離:約60m

 

MAMORIO FUDA|2,980円(税抜)

シールタイプのMAMORIOです。

落としたくない物にペタッと貼って使えます。

 

サイズ:H 24mm × W 36.2mm × D3.4mm

重さは3.4g

カラー:ブラック・ホワイト

電池寿命: 約1年

有効距離:約60m

 

まとめ

 

物を落とすことが多いと、毎回物を探し回ったり、代わりの物を購入しなければならなかったりして大変です。

 

しかしよく物を落とす人の心理的な特徴や原因を知り、適切な対策をすることで、落とし物を減らしていくことができます。

「よく物を落とす」「落とし物を減らしたい」という人は、ぜひ今回ご紹介した対策を実践してみてください。

世界最小クラスの紛失防止タグ「MAMORIO」について

手元から離れると、いつどこで失くしたかをお知らせ。スマートフォンで、大切なものを見守れます。

お財布、鍵、バッグなど、大切なものに付けておくと、置き忘れたり、見失ってしまった時も安心です。

-落し物お役立ち情報

Copyright© MAMORIOラボ , 2020 All Rights Reserved.