落し物お役立ち情報

大阪でタクシーに忘れ物をした時の対処法

投稿日:

大阪でタクシーを利用した際に、忘れ物をしたことに気づいたらどうしたら良いでしょうか。タクシーを利用するタイミングは人それぞれですので、忘れ物に気づいたら焦ってしまいますよね。

毎日利用する人もいれば、臨時で急いでいるため利用する人もいます。また酔った帰りに利用する人もいるでしょう。たまたま大阪に旅行に来たタイミングだった人もいるかもしれません。

今回は、大阪でタクシーに忘れ物をした時の対処法をご紹介します。連絡先などもご紹介しますので、諦めずに探してみてください。

大阪のタクシーでの忘れ物が保管されている場所は?

大阪のタクシーで忘れ物をした場合、その忘れ物はどこに行くのでしょうか。それによって、連絡する場所や探し場所も変わってきます。ここでは、主に普段保管されている場所を2か所ご紹介します。忘れ物をした場合は、まずこの2か所を当たってみてください。

①管理者(タクシー会社)

忘れ物をした場合、忘れ物はタクシー会社に置いてある可能性が一番高いです。タクシー会社には法人タクシーと、個人タクシーがあります。

法人タクシー

法人タクシーの場合、忘れ物を発見したらそのタクシー会社にある所定の場所で保管されている可能性があります。各会社によって保管期間や場所などは異なるため、まずはそのタクシー会社に問い合わせてみましょう。

個人タクシー

個人タクシーの場合、法人タクシーのように保管場所があるわけではないため、直接警察に届けられていることが多いです。次に説明する警察署にまず連絡をする方が見つかる可能性が高いです。忘れ物によっては、売却・破棄されることもありますが、諦めずに連絡してみましょう。

②地域内の警察署

警察署で保管される場合、保管期間は3か月です。忘れ物をした地域の警察署に遺失物届を出すようにしましょう。

確実にタクシーで忘れ物をしたのか定かではない場合も、警察署に遺失物届を出しておけば、発見された際に連絡をしてくれます。特に貴重品などを忘れた場合は、必ず警察にも連絡をしましょう。

 忘れ物をした大阪のタクシー会社が分かる方法

忘れ物をしたことには気づいたけど、タクシー会社の名前を思い出せないことは多いです。急にタクシーを拾った際などはタクシー会社の名前を気にしないこともあります。

タクシー会社の名前さえ判明すれば、連絡をしてまずは忘れ物があったか確認することができます。ここでは、タクシー会社を確認する4つの手段をご紹介します。

①領収書を確認

領収書をもらっている場合は、まず領収書を確認します。領収書には必ず以下のことが記載されています。

  • タクシー会社の名前
  • タクシー会社の連絡先
  • タクシーの車両番号
  • タクシー利用日時

領収書ではなくても、レシートでも同様です。ここまで記載があれば、十分に確認することができます。記載されているタクシー会社の連絡先に問い合わせをしてみましょう。

②配車アプリを確認

最近は、タクシーを利用する際に配車アプリを利用する人もいます。配車アプリを利用した場合は、領収書がなくても連絡先を知ることができます。

配車アプリによりますが、乗車履歴を確認すれば以下のことが分かります。

  • タクシー会社の名前
  • タクシー会社の連絡先
  • タクシーの車両番号
  • タクシー利用日時

領収書同様の内容が記載されているので、連絡には困りません。タクシー会社に連絡をするようにしましょう。

③クレジットカードを確認

支払いの際にクレジットカードを利用していれば、タクシー会社を特定することができます。クレジットカード会社に問い合わせて、支払い履歴を調べてもらいましょう。支払い履歴でタクシー会社の名前が分かるので、そのタクシー会社に連絡ができます。

ICカードを利用した場合も、支払い履歴でタクシー会社が判明する可能性があります。一度支払い履歴を調べてみましょう。

④伝えるべきこと

タクシー会社が分かる場合、タクシー会社に連絡する際には下記のことを伝えましょう。

  • 忘れ物をした旨
  • どんな物を忘れたか(色や特徴を具体的に)
  •  乗車した日時
  • 車両番号
  • タクシーの乗車・降車場所
  • タクシーの色や特徴

なるべく詳細まで伝えることで見つかる可能性が格段に上がりますので、分かる限りのことを伝えるようにしましょう。

忘れた直後に連絡した場合は、まだタクシー会社に忘れ物が届いていないこともあります。その場合、あとで折り返し連絡するための連絡先を聞かれます。すぐに連絡が繋がる連絡先を伝えるようにしましょう。

忘れ物をした大阪のタクシー会社が分からない時の対処法

中には、どうしてもタクシー会社が分からない場合もあると思います。その場合はどうしたら良いのでしょうか。

実は、保管されている可能性のある警察署以外にも連絡すべき場所があります。「タクシーセンター」をご存知でしょうか。ここではタクシーセンターのご紹介をします。

①タクシーセンターへ電話

各都道府県には、全てのタクシーの忘れ物などの情報が一括管理されている場所があります。大阪の場合、「大阪タクシーセンター」にまず連絡してみましょう。

大阪タクシーセンター:06-6933-5619

大阪タクシーセンターは、ネットで忘れ物申請の受付も行っています。電話ができない時には、ネットでの申請ができるのは便利で良いですね。

タクシーセンターに忘れ物があるのではなく、情報が管理されていることが多いです。忘れ物がどこにあるのか、どこに行けばいいかなどの指示をもらえます。なお、こちらではタクシーの配車は行っていませんので注意しましょう。

②伝えるべきこと

大阪タクシーセンターに連絡する場合、伝えるべきことは下記になります。

  • 忘れ物をした旨
  • どんな物を忘れたか(色や特徴を具体的に)
  • 乗車した日時
  • タクシーの乗車・降車場所
  • タクシーの色や特徴
  • 運転手の特徴

大阪のタクシーにおける忘れ物の情報が全て集約されているので、同じような忘れ物がたくさん届いている可能性があります。タクシー会社が分からない状況ですので、なるべくその時の情報を詳細まで伝えるようにしましょう。

大阪に限らずタクシーでの忘れ物をすぐ回収する方法

タクシーでの忘れ物を防ぐには、降車の際に確認をすることが一番です。しかし、酔っている時や急いでいる時は、しっかり確認ができないため回避できないですよね。

もしもタクシーで忘れ物をした時に、より早く忘れ物を回収できる方法をご紹介します。いつ忘れ物をしてしまうか分からないため、是非心に留めておいてください。

配車アプリを利用する

配車アプリを利用すると、すぐに利用履歴を確認することができます。携帯そのものを紛失してしまうと、すぐに確認できないことがネックではあります。

しかし、アプリにさえ入ってログインできれば確認できます。また、配車アプリでタクシーを利用する際に、利用予約をすることもできて便利ですので、是非利用してみてください。

領収書をもらう

領収書をもらうことが、一番簡単な方法です。領収書であれば、降車の際に一言「領収書をください」と声をかけるだけ済みます。

領収書には、以下が記載されています。

  • タクシー会社の名前
  • タクシー会社の連絡先
  • タクシーの車両番号
  • タクシー利用日時

このような情報が全て記載されているため、何かあった際にすぐ連絡ができます。

急いでいても、領収書は必ずもらうことをおすすめします。領収書でなくても、レシートでも良いので何か形として手元に残しておくようにしましょう。

まとめ

今回は、大阪のタクシーで忘れ物をしてしまった時の対処法をご紹介しました。忘れ物をした際は、まずはタクシー会社がわかるか確認をしましょう。

タクシー会社を調べる方法はざっと以下の方法があり、他にも様々です。 

  • 領収書
  • 配車アプリ
  • クレジットカード

タクシー会社がわかれば、タクシー会社にまずは連絡をして、タクシー会社が分からない場合は、大阪タクシーセンターに連絡をしましょう。 

また、タクシー会社がわかるかどうかに関わらず、警察署には遺失届を出しておくと良いです。万が一タクシー以外で紛失してしまった時にも連絡がきます。

また、どこに連絡する場合も、忘れた時の状況や忘れ物の詳細はしっかり伝えるようにしましょう。タクシーでの忘れ物は多いのですが、しっかり確認と連絡をすれば戻ってきます。

諦めずに、状況に応じて対処法を試してみてください。

世界最小クラスの紛失防止タグ「MAMORIO」について

手元から離れると、いつどこで失くしたかをお知らせ。スマートフォンで、大切なものを見守れます。

お財布、鍵、バッグなど、大切なものに付けておくと、置き忘れたり、見失ってしまった時も安心です。

-落し物お役立ち情報

Copyright© MAMORIOラボ , 2022 All Rights Reserved.