落し物お役立ち情報

車の盗難を防止してくれる装置は効果があるのか?

投稿日:

車を所有している人の悩みといえば「自動車の窃盗」ではないでしょうか。

盗難犯罪は減少傾向にあるが、年間数万件の被害報告がある。大型施設の駐車場で人目がとどかない場所や住まいと駐車場が遠いなどの理由で、愛車を盗まれないか不安に思うこともあるでしょう。

そんな時に利用したい商品は「防犯商品」

豊富な車用品が発売されています。

例えば「音で警告する商品」「イモビライザーを搭載した商品」「GPS商品」など。種類が豊富で性能や仕様がことなるため選ぶのに迷いますよね。

この記事では、自動車の盗難に防止装置について簡単に解説していきます。大事な愛車を守るには、信頼できる商品をみつけることが重要なので、今回の記事でしっかり知識を身につけましょう。

車盗難防止装置とサービス内容

自動車に内蔵されている機能は、窃盗防止には不十分です。愛車を守るには、どのような対策が必要かみていきましょう。

目的別で選択する

予防としては下記の種類があります。

  • 警報器等の商品を自動車に設置して、犯罪を阻止する対策
  • 位置情報サービス等を利用して早急に位置情報を把握する対策

年々防犯商品を掻い潜って盗みだす犯罪も増えている。

「防犯商品」「情報サービス」を同時に活用して愛車を守りましょう。

同時に利用すれば、窃盗される確率は低くなる。金銭的な面で悩んでいる方は初めは片方を利用し、状況に応じて検討してみてください。

商品別で選択する

盗難商品には、主に2種類の目的があります。

  • 犯行を阻止する商品
  • 作業意欲を低下させる商品

部分的にロックをして走行を阻止する商品は、窃盗を妨げる役目があり、警報器・ライト等の商品は作業意欲を低下させ犯罪を未然に阻止できます。

硬質なアイテムは、双方の効果が期待できるのでおすすめ。

着脱が難しい商品は使用する頻度が少なくなる傾向にあるため、下記の商品を選ぶことをおすすめします。

  • 着脱が楽な商品
  • 着脱が不要な商品
  • 追跡サービス

さまざまな「防犯商品」「サービス」を利用して、厳重な対策で愛車を守りましょう!

おすすめの車盗難防止装置

車上荒らしなどから自動車を守るアイテムとして欠かせないのが「セキュリティ商品」ですよね。

各メーカーから豊富な種類が発売されているため、選ぶのに時間がかかる方もいます。

ここでは、おすすめな装置をご紹介していきます。

防止商品はさまざまなタイプがあるので、種類や違いなどを理解して購入してください。

防犯装置のタイプは下記の通りです。

  • 走行を阻止するロックタイプ
  • コンピューターなどの不正侵入を防止するタイプ
  • 警報音で危険を知らせるタイプ
  • 犯行を惑わすダミータイプ など

ペダルロックやハンドロック

ハンドルロックは、自動車のハンドル部分に取り付ける装置で、物理的に移動をできなくします。

別名ステアリングロックといい、停車している自動車に取り付いているのをみたことありませんか?

防犯対策として認知させているため、豊富なタイプの商品が開発されています。

タイヤロックやハンドルロックは目的が同じで、ホイールに設置し、自動車を物理的に移動できなくします。

タイヤロックの場合、窃盗対策をしていることが一目でわかります。装置を外す手間がかかるため、盗難対策効果が高いといわれていますが、外すことを忘れ、走行すると大変なことになるので注意が必要です。

対してハンドルロックの場合、必ずハンドルに触るため、取り外し忘れがありません。

センサーライト

盗難は基本夜間に起こっています。車庫または駐車場を照らす人感センサーライトを設置すると人目に付きやすくなるため、犯行を防止する効果があります。

車内を明るくするダミーライトにも効果があるのです。

常時点灯する品、感知センサー、照度センサーなど豊富な製品が発売されている。

センサーライトは自動車の窃盗を阻止する手段ではありません。別のセキュリティアイテムと併用して、使うことをおすすめします。

販売価格は2,000円〜15,000円程度。

スマホと連動しているGPS機能付きアプリ

GPSを活用すれば、愛車が被害にあっても追跡できます。GPS発信機といえば、防犯や携帯などのイメージが強いが、自動車の盗難対策として活躍しているのです。

リアルタイムで現在地が把握できるので、愛車にGPSを設置または乗せておきましょう。被害にあっても、愛車を取り戻せる確率が高まります。

年々車両の犯罪は減少していますが、その反面手口が巧妙になってきています。自動車の鍵を外していても被害にあう可能性があります。

搭載するGPS装置の多くはバッテリーで稼働しているので、バッテリーを定期的に充電しましょう。

そして、位置情報を取得するのに必要な通信費の支払いが発生します。月々の支払いが増えるため、コスト面や利便性を事前に確かめておきましょう。

自動車カバー

基本的な役目は「花粉」「黄砂」「雨」から自動車を守ることで、窃盗防止策ではではありません。

しかし、自動車カバーをつけることで車種の特定がされにくくなり、車上荒らしやイタズラ対策としても活用できます。

着脱が手間な点や蒸れる点がデメリットといえます。

旧車や年式の自動車は車体の塗装面がデリケートです。蒸れなどで塗装面に生じていた亀裂に水がはいり、外装に悪い影響がでる恐れがあります

自動車の盗難を阻止する役目はないため、他のセキュリティアイテムと併用して使用してください。

販売価格は2,000円〜15,000円程度。

セキュリティアラーム

セキュリティアラームは、自動車の盗難を阻止する装置。疑い行為を察知して警告音を出し、異常を周りに知らせます。

効果は、さまざまな種類のアイテムのなかでも高く、実際に犯罪事件を未然に防いでいます。

アラームには、下記のような種類があるのです。

  • クラクションタイプ
  • センサー一体型
  • センサー分離型

車盗難防止策をするにあって

積極的に盗難防止策を取りたい方は下記の点を気にしていますか?

防犯装置を購入するだけではなく、それ以外にも目を向けて対策をとりましょう。これを機会に、車両の犯罪について考えてみてください。

人目につく駐車場にする

駐車場に停める際、目的の場所に近いスペースに停車する人もいれば、ドアパンチを避けるため少し離れたスペースに停車させる人もいます。駐車する場所は人によってちがいますが、人目につきにくい場所は窃盗犯が狙っている可能性があり危険。

駐車場の停め方としておすすめなのは下記の通りです。

  • 人目につくスペースに停める
  • ドアパンチを避ける場所に停める 

さまざまな対策でリスクを回避しましょう。

鍵をつけて車を離れない

短時間でも、車から離れるときは車の鍵を取り外すようにしてください。鍵をつけたまま車から離れると自動車を盗まれてしまいます。

また、「鍵のさしっぱなし」「エンジンのつけっぱなし」は停止措置義務違反にあたります、反則点と反則金6,000円が発生するため、気をつけましょう。

そして、運転手に過失があると判断されると保険金が支払われないこともあるのです。

盗難防止策をしていても盗難にあうことはあります。

愛車が盗難された場合は下記の手続きを行ってください。

  • 警察署に「被害届」をだす
  • 公道走行を不可にする「一時抹消登録」をする
  • 加入中の保険があれば「保険会社へ連絡」をする

まとめ

ここでは、大事な自動車を守る盗難防止策について簡単にまとめましたがいかがでしたか?

盗難商品は豊富にあり、さまざまなタイプが存在します。

年々、自動車の窃盗事件は減少していますが、手口が巧妙になっているため、盗難防止策は1つだけでなく複数併用し、愛車を守りましょう。

自動車を守るには、盗難対策を厳重に行い、充実した生活を送ってください。

世界最小クラスの紛失防止タグ「MAMORIO」について

手元から離れると、いつどこで失くしたかをお知らせ。スマートフォンで、大切なものを見守れます。

お財布、鍵、バッグなど、大切なものに付けておくと、置き忘れたり、見失ってしまった時も安心です。

-落し物お役立ち情報

Copyright© MAMORIOラボ , 2022 All Rights Reserved.