ユーザー活用事例

忘れ物ばかりだった田中さん(仮名)が教える、紛失防止タグ「MAMORIO」を活用して“忘れ物を発見”するコツ

更新日:

忘れ物・落とし物ばかりで、モノを買っては失くすという日々を送っていた田中さん(仮名)。紛失防止タグ「MAMORIO」を手に入れて以降、モノを失くすことが減ってきたといいます。ただし、MAMORIOを使って忘れ物・落とし物を減らすには、いくつかのコツがあることに気づいたんだとか。忘れっぽい性格の人がMAMORIOを利用して忘れ物を発見するためのコツを、実体験をもとに教えてもらいました。

コツ1:“何を失くすか”は事前に予測不能。日常持ち出すモノはできるだけ“MAMORIOしておく”

MAMORIOとの出会いは、大手オンライン通販ショップです。忘れ物防止のためのアイテムを探していて検索したときに見つけました。「これだ!」と思いましたね。

私は日常的に忘れ物をしてしまいます。「どうしてそんな場所に置いたのだろう」というところにあらゆる物を置いてしまう癖があって……プライベートだけでなく、職場でもよく物をなくしていました。同僚の手を借りて物を見つけることもあり、どうにかしたいと思っていたんです。

届いたMAMORIOは想像していたよりも小さく、気軽につけられるものだと感じました。鍵や財布などの大切な物につけて使いたかったので、ニーズにあったサイズと仕様でしたね。

MAMORIOは失くしやすそうなモノにつけておけば「万が一」のときに活躍するというイメージが強いと思います。でも、忘れっぽい人は普通の人には想像のつかないものまで無くしてしまい、何を失くすかはほとんど「予測不可能」なんです。だから私は、日常的に持ち出すモノの多くに、あらかじMAMORIOをつけておくことにしました。これを“MAMORIOする”って呼んでるですけど。サイズが小さいしデザインもシックなので、いろんなモノにつけても思ったより違和感はありませんよ。

コツ2:モノが身近な場所にあると表示されたら、以前と同じ場所を探す

自分の物を管理できる人には想像できないかもしれませんが、私にとってなくし物は防ぎようのない日常のトラブルです。なぜそこに置いたのか、どうしてそのままにしてしまったのか……当の本人は本当に記憶していません。例えば鍵ひとつとっても、ドアノブに挿したまま忘れてしまったこともありますし、パソコンのキーボードの下に落として見失ったこともあります。

まず、なくした物が自分の近くにあるのか、そうでないのか。この情報がわかるだけでも、見つけるために起こすアクションも変わりますね。

先日、鍵をなくした時はMAMORIOの表示から「30m以内にある」とわかりほっと一安心。まず、一度鍵を見失った経験のあるキーボードの下を確認したあと、これも昔経験した“ドアノブに挿しっぱなし”の状態でもないことを確認。徐々に捜索の範囲を広げMAMORIOの通知を確認しながら周辺を探すことで、駐車場に落ちている鍵を発見できました。

失くしたモノが身近な場所にあるという表示の場合は、以前失くしたのと同じような場所や状態で発見することが多いような気がします。失くしやすいポイントが人によって同じというか。だから、このケースでは身近にあるとわかって、落ち着いて徐々に探すことができたんです。

コツ3:モノの位置を把握しただけで安心するのは禁物。すぐに回収に向かうべし

とはいえ、先日「失くしたモノが身近な場所にあるという表示だからって安心し切ってはいけない」という苦い経験があったんですけど。

ある日の晩、MAMORIOから「財布が手元から離れました」という警告が通知されました。自宅の駐車場を指していたので、車の中に財布を置き忘れたのだなと思い、そのまま放置してしまいました。

次の日確認すると、車の中に財布はありません。どうやら財布は車の中に置き忘れたのではなく、その周辺に落としてしまったようです。すぐに確認しなかったことを悔やみました

その数日後、近所のスーパーマーケットに私の財布があったという通知を受けて、警察に被害届を出しました。おそらく私の財布を持ち去った人と私は、お互いスーパーマーケットの近くにいたのでしょう。しかし、警察の捜索もむなしく、結局財布は見つかりませんでした。

MAMORIOの通知は気づきのタイミングを与えてくれるもので、その瞬間自分がどう行動するかによって機能を役立てられるかは大きく変わるのだと痛感しました。今後のアップデートで離れたものの場所をより細かく把握できるようになることを期待しますが、自身も警告が出たらすぐに位置を確認するよう気をつけています。

MAMORIOをもっと身近に使いやすくするために

今後、より長く持つバッテリーが開発されるといいなと思います。私のように日々MAMORIOで物の位置を特定する場合、長持ちするMAMORIOへの期待が大きいです。

また、スマートフォンそのものすら忘れてしまう人にとって安心できる仕組みがあると良いですね。私は以前スマートフォンをなくしてしまい、見つけるまで数日かけた経験があります。MAMORIOを紐付けるスマートフォン自体がなくなってしまうと、あらゆる物のセーフティ機能が役立たなくなってしまいます。

本当によく忘れ物をする私だからこそ見えてきた、MAMORIOの大切さや今後の課題があると感じています。ただ、私はMAMORIOがない日々は想像できないくらい助かっています。私のように忘れ物で日々困っている人は、一度MAMORIOを使ってみていただければと思います。

MAMORIOの購入はこちらから!

-ユーザー活用事例
-, , ,

Copyright© MAMORIOラボ , 2019 All Rights Reserved.